超希少・新酒【2021/720ml】純米大吟醸・本菱・山田錦<ご縁を喜び、ご縁に感謝する吟醸酒>
6039a1ecc19c453e4dbf325d

超希少・新酒【2021/720ml】純米大吟醸・本菱・山田錦<ご縁を喜び、ご縁に感謝する吟醸酒>

¥4,053 税込

送料についてはこちら

  • 赤・祭りの賑わい ※2021はラベルは赤のみです。

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

<予約受付・4月以降で配達です> ロンドン酒チャレンジ2020 金賞受賞 インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2020 COMMENDED(大会推奨酒)受賞 フランスKura Master2019 金賞受賞 ロンドン酒チャレンジ2019 金賞受賞 ロンドン酒チャレンジ 2018 銀賞受賞 インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018 COMMENDED(大会推奨酒)受賞 <2021の720ml瓶は超限定です!> 合計3本以上のお買上げで送料無料になります。 ご入金のない場合は発送ができませんのでご了承ください。 今年のラベルは1色のみとなります。 ※瓶の表面加工が繊細なため、配送途中にキズが付く場合がありますが、品質に問題はございません。 ※未成年への酒類の販売はいたしておりません。 ※オリジナルラッピングは無料です。備考欄に希望をお申し付けください。 <2021の特徴> 原料米が玉栄から山田錦に変わりました。もちろん山梨県富士川町産の地元の山田錦です。今回変更した理由は、山田錦の栽培レベルが上ってきたから。山梨県は元来より、玉栄が酒造好適米とされてきましたが、近年、山田錦の栽培がされるようになり、うまい山田錦が栽培されるようになってきました。山田錦は芯白が大きく、精米時しやすく、米が割れにくいため、洗練された味、お米本来の甘みを引き出すことができます。 また原料米の変更に合わせ、酵母も変えています。より食中酒として合うお酒を目指し、1901から1501へ変更。これまでの本菱はまずフルーティーな香りが特徴でしたが、「より食事に合う」と考えると控えめでよく、またのどごしのキレはこれまで以上に増しています。本菱が喉を通り過ぎたあとは、お米本来のうまみ、甘みを感じさせてくれます。 また前回までの本菱は、冷やして飲むことで美味しさやキレが増しましたが、今回の本菱は酵母の変更に伴い、冷、常温、ぬる燗など、好みで飲んで楽しいお酒になっています。また熟成してもまた異なった楽しみ方ができる本菱となりました。ぜひバージョンアップした今年の本菱を楽しみにしてください。 <Story> 本菱は120年前まで富士川町(旧鰍沢町)でつくられ、飲まれていた日本酒です。 富士川町はその昔、富士川舟運で栄えた物流の拠点です。山梨・長野からの年貢米が集まったことから、酒蔵も多く、最盛期、旧鰍沢町だけでも数十軒あったようですので、現在の富士川町全体ではかなり多くの酒蔵があったと思われます。本菱は、当時の旧鰍沢町の記録によると、かなり多く飲まれた(生産された)お酒であることがわかっています。 私たちは2016年よりプロジェクトhttp://www.machi-iku.com/fujikawa で、本菱を復活させるためにさまざまな活動をしてきました。2017年4月に第一弾が復活。8月には1000本が完売しました。今年は復活2回目の本菱です。プロジェクトでは富士川町がかつて「酒の街」だったことを学び、今は「元日がダイヤモンド富士になる町」、「山梨県唯一の桜の名所100選・大法師公園がある町」として、この2つが他の町にはない強みであることを改めて確認しました。 調べていくと、桜には富士信仰の神である「木之花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」が降りてくると言われ、大法師公園からは、毎年、満開の桜と富士山を見ることができます。さらに、今は街に酒蔵の面影はほとんどなくなってしまっていますが、大法師公園の頂上にある山王神社という小さな社には、「大山咋神(オオヤマクイノカミ)」と「玉依姫(タマヨリビメ)」が祀られています。前者は全国の酒蔵が崇める「京都・松尾大社の主祭神」でもあり、後者はあらゆる縁をとりもつ神とも言われ、酒蔵がたくさんあったことを伺わせるエピソードが掘り起こされました。酒と縁。今回のプロジェクトとの一致する奇跡も起こりました。 製造は、富士川町内に唯一1軒だけ残る「萬屋醸造店」です。1790年(寛政2年)創業。主力ブランド「春鶯囀(しゅんのうてん)」は「与謝野晶子が愛した酒」と言われ、酒蔵の敷地内には句碑も残っています。 私たちが徹底的に議論して決めた「華やかな香り、フルーティーな味わい、キリッとしたのどごし」という味の方向性を、いい意味で何十倍にも裏切ってくれた萬屋醸造店・田中杜氏の渾身の力作になっています。田中杜氏いわく、「これまでの萬屋の味にはないものができた」とのことでした。原材料は、地元で育てた酒造好適米「玉栄」を100%使用しています。 町内外のたくさんの人たちがこの復活プロジェクトに関わり、神々のストーリーもバックアップしてくれるかのように、ひっそりとそこにありました。なぜこれまでこの存在に気づかなかったんだろうと、というのが私たちの正直な気持ちです。 多くの人たちの縁と、神々のストーリー。だから、本菱は縁で結ばれた人を喜び、縁に感謝するお酒です。ぜひ大切な人たちとの一杯のそばに、本菱を置いてくれたら、これほどうれしいことはありません。 ------------------------------------------------------------------------------------- 甲州富士川・本菱・純米大吟醸2021 山田錦  720ml  原料:米(山梨県富士川町産米)/米こうじ(山梨県富士川町産米) 精米歩合:50% アルコール:16.5度 日本酒度:+2 製造:萬屋醸造店 http://www.shunnoten.co.jp/ 冷、常温、ぬる燗いずれも食事と一緒に美味しくいただけます。 配送作業は障がい者の就労支援を支援する、就労継続支援B型事業所「アシストゆう」(山梨県富士川町)で行われております。発送はクロネコヤマト便にてお届けいたします。平日の配送作業となります。ご了承ください。