埼玉戸田 純米吟醸・微発泡 かけはし 500ml <青空の下、カンパイが似合う吟醸酒>
58d0e1f1997ee296f20007eb

埼玉戸田 純米吟醸・微発泡 かけはし 500ml <青空の下、カンパイが似合う吟醸酒>

¥1,480 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

※ご入金後の発送となります。 未成年への酒類の販売はいたしておりません。 <story> 戸田は東京に最も近い埼玉県の都市です。市内には埼京線が通り、3つの駅があり、例えば戸田公園駅は池袋から急行で10分程度の場所にあります。 戸田を流れる荒川は、江戸を防衛する意図から橋は架けられず、「戸田の渡し」が設けられました。また荒川は戸田を始め、埼玉地域の農産物を江戸に運ぶための重要な水運で、戸田は交通の要所でもありました。 その名残か、今、戸田は倉庫が立ち並び、物流の拠点として機能しています。その一方で、市内の人口は今後も増加傾向で、市民の平均年齢は39.9歳(2015年1月現在)ととても若く、埼玉県内で20年連続1位。ベッドタウンとして人口を増やしており、子育てをする家族が多いのが特徴です。子育て世代への支援も手厚く、住み良さランキング (2015/東洋経済新報社)では、埼玉県1位となっています。 また公園が多いのが特徴で、公園・緑地の数は166ヶ所。市民一人あたりの公園面積が10㎡以上と、埼玉県内トップクラス。道満グリーンパークを始め、多くの人たちが集まって、青空の下、バーベキューをする文化が育ちつつあります。 埼玉県は農産物の生産量と消費量も多く、米も多くの地域でつくられています。酒蔵も30以上あり、実は豊かな日本酒文化も育まれているのです。 今も昔も、東京への交通の要所となってきた戸田市。青空の下で、日本酒で乾杯する文化を発信し、多くの人に住みやすい戸田市を知ってもらうための「かけはし」となるよう、このお酒がつくられました。 純米吟醸・微発泡 かけはし 原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米) 原料米:埼玉県産五百万石100% 精米歩合:60% アルコール分:13% 内容量:500ml 製造者:株式会社釜屋  http://www.rikishi.co.jp/index.html 製造年月:キャップに記載